Top Page



 理事長プロフィール





FMラジオ番組
「まきの聖修の、出せ静岡の底力」













「中東和平プロジェクト in 静岡」開催


─ イスラエルとパレスチナの青年達の交流 ─


[2016.2.12]




中東和平プロジェクト一行と共に (静岡市・日本平ホテル)


送別の挨拶をする牧野理事長


 去る2月8日から11日まで、静岡市主催による「中東和平プロジェクトin静岡」が開催されました。これは、中東の和平実現を願い、紛争で家族や親族を亡くしたイスラエルとパレスチナの青年達を招いて相互交流を図るプロジェクトで、世界連邦宣言自治体協議会が開催を援助しました。

 歓迎式典では、地元住民や市職員らが、約10名の一行を出迎え、実行委員長を務める田辺信宏・静岡市長は、「徳川家康公が愛した天下太平の町に皆さんをお迎えでき、市民ともども喜んでいる」と挨拶しました。

 中東和平プロジェクト一行は滞在期間中、イスラエルとパレスチナの青年が2人一組になって静岡市内でホームステイをしながら、日本文化を学んだり、地元の高校生や大学生達との交流を持ちました。

 11日には、「世界一大きな絵2020」プロジェクトに参加した静岡市のお披露目会が日本平ホテルで開かれ、中東和平プロジェクト一行もこれに同席しました。合同作品は、世界各国で子どもが描いた絵とつなぎ合わせて東京五輪で披露される予定で、主催団体のNPO法人アース・アイデンティティー・プロジェクツの名誉会長を務める安倍昭恵総理夫人が出席して児童達の作品を受け取りました。


「世界一大きな絵2020」に参加した静岡市の子供達の作品


「世界一大きな絵」プロジェクトの総裁である安倍昭恵総理夫人に作品を手渡す子供達


 翌12日、中東和平プロジェクト一行は、首相官邸を表敬訪問しました。

 安倍総理は、挨拶の中で次のように述べました。

「『中東和平プロジェクト』で訪日されたイスラエルとパレスチナの皆様、ようこそ官邸にお越しをいただきました。
 この『中東和平プロジェクト』は、イスラエル、パレスチナの青少年が、日本での滞在を通じて、平和の尊さ、相互理解の重要性を学ぶことを目的としたものであります。若者同士の交流を通じて、中東の未来をつむいでいってほしい、との希望を込めた事業であり、本年、この事業を受け入れられた静岡市に敬意を表したいと思います。
 皆さんは、静岡市において、私も子どもの時に行ったことがありますが、登呂遺跡や浅間神社を訪問して日本の歴史に親しむとともに、ホームステイや高校訪問を通じて日本の青少年とも交流され、大変有意義な経験をされたことを嬉しく思います。
 皆さんがそれぞれ故郷に帰られた後も、日本での経験を忘れずに、イスラエル、そしてパレスチナの友人と育んだ友情を、お互いに影響、そしてお互いに理解し合う気持ちを大切に、更に育んでいっていただきたいと思います。
 中東和平の問題は、確かに難しい課題でありますが、皆さんは次世代の担い手として、理解し合う努力を続けていけば、イスラエルとパレスチナが共に平和を目指すことができると確信しています。日本で共に過ごした時間を大切に、今後も手を携え、平和の実現に向けて活躍していかれますことを心より希望します。」

 一行はその後帰国し、プロジェクトは無事に終了しました。


首相官邸を表敬訪問した中東和平プロジェクト一行  PHOTO(C)首相官邸








《財団概要》

名称:
一般財団法人 人権財団

設立日
2015年 9月28日

理事長:
牧野 聖修
(まきの せいしゅう)




 定款(PDFファイル)




《連絡先

一般財団法人
人権財団本部
〒100-0014
東京都千代田区永田町2-9-6
十全ビル 306号
TEL: 03-5501-3413


静岡事務所
〒420-0853
静岡市葵区追手町 1-19
天松追手町ビル2F
TEL: 054-205-6155
FAX: 054-205-6156